南イタリア産エキストラバージン ・オリーブオイルを入荷しました。

今日は復活祭翌日の月曜日(イースターマンデー)です。
久々にイタリアの友人たちとZoom会議でお祝いの言葉を交わし合うことができました。みんなの声が聞けて嬉しい生存報告会?でもありました。
北イタリアでは初夏のような暑さらしいですが、日本は低気圧が停滞しているため雨風が強く気温も下がって寒の戻りですね。体調管理には気をつけたいものです。

さてコルノ・ボヴィーノでは3月中旬過ぎに、南イタリアからオリーブオイルを入荷することができました。ご予約していただいたお客様には、ほぼ配送も完了しまして4月を迎えることができました。無事に新鮮なエキストラバージン ・オリーブオイルをお手元にお届けできて、ほっとしております。
ご予約のお客様で配送時期を数回に分けてご希望の場合には、弊社の保冷庫で商品を保管しております。ご入用の際にはいつでもご連絡くださいませ。

今回はコロナウイルス感染拡大の影響下でイタリアからの輸入となり、これまでになく状況が二転三転しながらの入荷となりました。時間との競争、という中での業務となり、生産者、輸送業者、検疫、税関、通関業者、配送業者の方々のご助言、ご協力があって無事にオリーブオイルが奈良へ到着しました。

深く感謝しております。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

南イタリアからEXVオリーブオイル入荷準備中!

© Oleificio Dell’orto

 

ただ今、イタリアから2020年3月入荷予定のエキストラバージン ・オリーブオイルを輸入しております。

ご予約注文をいただいたお客様、長らくお待たせしております。ラベルもリニューアルして、まもなく日本に到着する予定です!

上の写真は、オリーブオイルの生産者さんデッロルト農園からのメッセージです。

「難しいご時勢ではありますが、すべてはオイルのように滑らかに進んでいくことでしょう!」

日々伝えられる新型コロナウィルス影響下で世界は混乱の状態にありますが、いずれこのメッセージのようになる事を心から願っております。

 

 

キッチンの冬

キッチンの冬と言えば、大きな鍋があること。夏の間休んでいた鍋が再び出されます。鍋に“ 放り込まれた” 野菜はじっくりと煮込まれて、忘れられてしまったかのよう。それは火と新鮮な食材のコンビネーションがなせる技です。調理に手をかける必要はありません。小さな炎がゆっくりと、食材を特別な一品に仕上げてくれるからです。

フタを開けて煮えたかどうか確かめたら、友達を数人テーブルへ呼びます。なめらかな煮汁と風味良く仕上がったたっぷりの野菜は、じゃがいものピューレかスパイスの効いたクスクスに添えるだけでOKです。

ディナーが煮詰まってきたら、つまり終わりに近づいたら、テーブルに冬のつつましくも魅惑的な色どりであるフルーツを用意しましょう。赤ワインのグラスを手に、季節がもたらす最高の味覚を堪能する時です。

私訳・引用:Michele Cranston, “fresco” (Lodi, Biblioteca Culinaria, 2003) p.158

続きを読む →

夏のギフトラッピング

コルノ・ボヴィーノのオリーブオイルギフトセットを夏向けにアレンジしてみました。

離れて暮らしている息子さんに、お母さまからフレーバーオイルセットをプレゼントということでした。素敵ですね・・・!

まだ少し雨が続くようですが、明るい夏の光のイメージで。
お母さんの思いやりが届きますように。