オリーブオイルレシピ 簡単でヘルシー【黒豆の辛~いスープ】

伯母が栽培した黒豆を枝付きでくれました。生の黒豆って初めてでした。さやから豆を取り出してみると、表皮が薄い紫色で、中身は緑色をしています。皮を色付けているアントシアニンには、抗酸化作用で血液をサラサラにする効果があるそうです。

黒豆はもちろん乾燥豆でもいいです。地中海食でも頻繁に乾燥豆が使われます。植物性の重要なタンパク源です。そして”豆”と言えば南米でも良く食べられていますね。このレシピはブラジルの伝統料理、フェジョアーダをアレンジしてみました。フェジョアーダは豆と肉を煮込む料理ですが、これは肉は使わず豆を多くしてベジタリアンのレシピになっています。

そして、香辛料を使って身体を温める辛~いスープにしました。辛さはお好みで調整してください。私は感覚過敏なのであまり辛い味付けはできないのですが、グルメな人たちは辛い物を好まれる傾向があるような気がします。どうでしょうか…?

材料
2人分
茹でた黒豆 200g
(下茹で用 ローリエと香味野菜:ニンジン、セロリ、タマネギなどの切れ端)
黒豆の茹で汁 レードル1杯分
赤玉ねぎ 1個
ニンニク 1片
トマトピューレ 250g
※なければホールトマト缶のトマトをミキサーでピューレにする。トマト缶はダイスではなくホールを使いましょう。
トマト 1個
万願寺とうがらし 2本
クミン 小さじ1
コリアンダー(ホール) 大さじ1
粉末コリアンダー 小さじ2
カイエンヌペッパー 小さじ1 ※お好みで
EXVオリーブオイル 大さじ2
塩・コショウ 適量

作り方
1. 鍋でオリーブオイル大さじ2を熱して、角切りにした赤玉ねぎを透明になるまで炒めます。

2. 黒豆、トマトピューレ、レードル1杯分の黒豆の茹で汁、角切りにしたトマト、クミン、カイエンヌペッパーを鍋に加えます。火を弱めて6~7分煮ます。

3. ホールのコリアンダーをビンの底などで潰し、そのうち4分の3を鍋に加えて2分煮ます。

4. ざく切りにした万願寺とうがらしを加えて、さっと混ぜます。お皿にスープを入れ、残りのコリアンダーを散らしてサーブします。

※辛味に強い方は、仕上げに「デッロルト 唐辛子風味のオリーブオイル ピッカントーリオ」を回しかけてください。

レシピのポイント

  • 黒豆の下茹では、香味野菜とローリエ、黒豆をたっぷりかぶる量の水で45分間、弱火で茹でます。切れ端程度の香味野菜でもいいので入れて茹でると良い香りになります。残った茹で汁は、青魚を煮るのに使うと良いです。
  • 万願寺とうがらしを入れたら、あまり火を入れずフレッシュな歯ごたえが感じられるように仕上げます。熱を加え過ぎずに野菜の酵素を摂りたいからです。

 このレシピで使っているオリーブオイル

【黒豆の辛いスープ】に使ったオリーブオイルは、調理用に「デッロルト EXVオリーブオイル  クラッシコ 250ml」です。苦味も辛味もしっかりと効いたEXVオリーブオイルです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でコルノ・ボヴィーノを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください