【地中海式ダイエットレシピ】スミルナ風ザジキ【グルテンフリー】

ザジキソース

6月の地中海式食事法の講座は、ギリシャ料理がテーマです。
そして6月といえばニンニクの収穫時期でもあります。5月中頃からもうフレッシュなニンニクが出回っていますね。そしてキュウリもすでに沢山出ています。

「ザジキ(Tzatziki/私にはヅァヅィーキと聞こえる。しかしこのカタカナ表記が正しいか不明です。)」はギリシャ料理に定番のディップで、ヨーグルトをベースにキュウリとニンニクという今から旬の野菜を使って作ります。どうしよう、こんな暑い日は!という時の食事に最適です。元気が出ます(笑)!ニンニクとヨーグルトの成分をしっかりと含んでいるので美容にも良いと言われます。もちろんオリーブオイルはエキストラヴァージンです。

フィロ生地でほうれん草を包んだスパナコピタにつけて食べたり、蒸した魚や焼いた肉にもつけられます。またサンドイッチのスプレッドとしても使います。有名なギリシャのサンドイッチ、ギロスにも入っています。シンプルに焼いたパンにつけるだけでも美味しく、暑さや疲れからリフレッシュしてくれます。ザジキの始まりはその昔、古代ギリシャ人が暑い日にヨーグルトを入れた鉢にニンニクと水、パンを混ぜて食べたことからとも言われています。

スミルナというのはトルコの街イズミールのことです。”イズミール風”として知られているディルを使ったザジキのレシピですが、トルコのザジキはギリシャのザジキに比べてサラサラとしているそうです。なぜスミルナ風って言うのでしょう?地名を冠した料理名の謎がまた深まりました(ナポリのジェノヴァ風パスタとか)。ギリシャヨーグルトは水分量が少ないヨーグルトなので、ザジキも厚み?のあるもったりとした仕上がりです。ディルの香りがとっても良いです!

材料
4人分
ギリシャヨーグルトまたは水切りヨーグルト 200g
ニンニク 1片
キュウリ 1本
EXVオリーブオイル 『ロリヴェート』  大さじ2
ディル(ハーブ) 2枝 ⇨Tips 1参照
塩 3g
白ワインビネガー 大さじ1 続きを読む →

オリーブオイルレシピ 簡単でヘルシー【黒豆の辛~いスープ】

伯母が栽培した黒豆を枝付きでくれました。生の黒豆って初めてでした。さやから豆を取り出してみると、表皮が薄い紫色で、中身は緑色をしています。皮を色付けているアントシアニンには、抗酸化作用で血液をサラサラにする効果があるそうです。

黒豆はもちろん乾燥豆でもいいです。地中海食でも頻繁に乾燥豆が使われます。植物性の重要なタンパク源です。そして”豆”と言えば南米でも良く食べられていますね。このレシピはブラジルの伝統料理、フェジョアーダをアレンジしてみました。フェジョアーダは豆と肉を煮込む料理ですが、これは肉は使わず豆を多くしてベジタリアンのレシピになっています。

そして、香辛料を使って身体を温める辛~いスープにしました。辛さはお好みで調整してください。私は感覚過敏なのであまり辛い味付けはできないのですが、グルメな人たちは辛い物を好まれる傾向があるような気がします。どうでしょうか…?

続きを読む →

オリーブオイルレシピ 薬膳風味【食べるカボチャのポタージュ】

気温がぐっと下がって肌寒くなると、美味しくなるカボチャでポタージュを作ります。このレシピのポタージュは飲むスープというよりも、食べる(!)ポタージュです。材料を全部カットしたら後はお鍋にじっくり調理してもらいます。

これはイタリアで教えてもらったレシピを身体が温まるように、秋冬向けに少しアレンジして薬膳風味になっています。
ポイントは、タイムとターメリック(ウコン)、生姜を加えているところです。牛乳もブイヨンも入れません。香味野菜をオリーブオイルとニンニクでじんわりと炒めて、コトコト煮込んだ野菜から出るダシを調味します。

栄養価の高い野菜や、免疫力を上げるハーブを取り入れ身体の中から温まって、風邪などひかないよう冬に備えて行きましょう。

続きを読む →

コルノ・ボヴィーノへようこそ!

コルノ・ボヴィーノは、イタリア語で「牛の角」という意味です。
古来から牛の角は豊穣を象徴します。

長い時を経て大地が育んできたものを人間は恵みとして受けとります。

この豊穣の営みが続いていくよう、健康と環境への負荷が少ない方法で、また伝統と技術革新の両方に取り組む小・中規模で丁寧に製品を作る生産者さんと消費者の方々を結びます。

そして自分が食べているものについて知りたい人のニーズに応え、その食品がどこでどのように作られているか確認したものをご紹介いたします。

また、小麦製品を食べられない人も他の人たちと一緒に、旅行や外食が楽しめるようグルテンフリー食品を提供する飲食店の普及プロジェクトを推進しております。