オリーブオイルレシピ ノンホモ牛乳でつくる【自家製リコッタチーズ】

サラダをたくさん食べたい季節は過ぎましたが、トーストしたパンにのせても、ワインのお供にもいいリコッタチーズをノンホモ牛乳*で作ってみませんか?
あっさりとした低脂肪のリコッタチーズをカンパニア産エキストラヴァージン・オリーブオイル「デッロルトD.O.P.コッリーネ・サレルニターネ」と合わせて、デリケートなペアリングを味わってみてください。

*乳脂肪の均質化処理(ホモジナイズ)をしていない、低温殺菌(72℃15秒間以下)の牛乳です。

続きを読む →

オリーブオイル、エキストラヴァージンの品質をめぐって(3)

 まだまだ続く!シリーズ「オリーブオイル、エキストラヴァージンの品質をめぐって」では、エキストラヴァージン・オリーブオイルに特化して書いています。

 先日、「そもそもエキストラヴァージンとヴァージンオイルの違いって何?」というご質問をいただきました。

 シリーズ(2)の流れから行くと、今回は市場を混乱させる偽装/偽造エキストラヴァージン・オリーブオイルの説明を予定していました。しかしオリーブオイル自体の説明をする前に、偽装や偽造オイルの説明をするオリーブオイル販売者ってどうなのか?と思わないでもなく…

 そこで今回はイタリア農業組合(COLDIRETTI)がロンバルディア州の消費者協会(ACU)と協同してオリーブオイルについて説明しているサイトを参考にして、簡単に一般的なエキストラヴァージン・オリーブオイルとその他のオリーブオイルの説明をはさむことにいたします。

続きを読む →

エキストラヴァージン・オリーブオイル『ロリヴェート』 debut at ピッツェリア・イーカロ

コルノ・ボヴィーノで奈ご紹介しているイタリア・カンパニア州産のエキストラヴァージン・オリーブオイル『ロリヴェート』を奈良の薪窯で焼くナポリピッツァの店「ピッツェリア・イーカロ」でご試食いただけることになりました。

南イタリアのオリーブオイルに特有のマイルドで果実味が豊かな、ミディアム・フルーティーです。

ぜひ、お手に取ってご自由にサラダ等にかけてご賞味ください。

2016年・秋冬収穫、南イタリア・カンパニア州産のエキストラヴァージン・オリーブオイルです。

PIZZERIA ICARO (イーカロ)

〒630-8012 奈良市二条大路南5丁目2-48 TEL: 0742-93-9070

阪奈道路を奈良方面へ進み、Jネットレンタカー横の細い道を左折し、左側に見える緑色の屋根のお店です。

営業時間:ランチ11:30〜15:30(L.O.14:30)

ディナー17:30〜22:00(L.O.21:00)

※月曜日・第2日曜日が定休日になっております。

駐車場あります。

ロードバイクでお越しのお客様もバイクスタンドがありますので、どうぞご利用ください。

続きを読む →

エキストラヴァージン・オリーブオイル イタリア・カンパニア産 ーコルノ・ボヴィーノからお届けします。

デッロルト 有機EXVオリーブオイル ヴェルデ(緑)500ml
デッロルト イタリア産 EXVオリーブオイル DOP認証 コッリーネ・サレルニターネ 500ml
¥ 2,743
ロリヴェート EXVオリーブオイル 500ml
デッロルト EXVオリーブオイル クラッシコ 750ml
デッロルト レモンフレーバーの EXVオリーブオイル リモノーリオ 250ml
デッロルト 唐辛子フレーバーの EXVオリーブオイル ピッカントーリオ 250ml

オリーブオイル、エキストラヴァージンの品質をめぐって(2)

オリーブオイル、エキストラヴァージンの品質をめぐって(1)では、オリーブオイルの品質を知る手がかりのひとつが、以下の2つのことを知ることと書きました。

  • 原料オリーブの原産地
  • オリーブオイルを製造(搾油)している場所

 そしてトレーサビリティは、誰がオリーブを栽培し、誰がオイルに加工し、ビン詰めをしたかを知ることができるツールです。

 EUでトレーサビリティ情報の記録を義務付けたのは、2002年に発効された「一般食品法(規則(EU)No.178/2002)」でした。その背景には牛肉のBSE問題や、飼料のダイオキシン汚染とそれを与えられ加工された鶏肉、豚肉、卵が流通し、回収することになった食品スキャンダルの発覚がありました。

続きを読む →