立春を過ぎました。2024年コルノ・ボヴィーノの展望

木版画 部分 towards freedom and peace

昨年の年末からまた彫刻刀を握り、2024年はどんな年であって欲しいかを思いながら木版画を作りました。

わたしのライフワーク…であるはずの、年に1、2回?くらいしか作ってませんが、ライフワークの木版画です。

2024年は個人の自由や平和が確保される年になってほしい。

そう願いますが、世の中はおおむね反対方向へ向かっているようです。

オリーブの枝を運ぶ白い鳩は、荒波を越えて飛んでいるように見えます。

襲ってくる波に巻き込まれずに、上手く回避して対岸へ到達してほしい。

木版画 全体 towards freedom and peace
Towards freedom and peace

コルノ・ボヴィーノの今後のテーマは、「ラク」をする、です。

昨年とこの年始も、動いては倒れるを繰り返しました。

動けないときは、とても歯がゆい思いをしました。

自分のキャパオーバーな活動の結果でした。

ついに、(ようやく?)無理だなと気づいたので、「ラク」に動く方へシフトすることにします。

甲状腺疾患や線維筋痛症があるので、もっと身体と相談しながら、ぼちぼち、スローペースで行きます。

いらいらさせたら、ごめんなさい。

ご期待に応えられないことも多々あると思いますが、

いい感じで諦めていただけたらありがたいです。

よろしくお願いいたします。

そのうえ、「ラク」をしながら夢も叶えたいと、考えております。

今年はもっと、「地中海式食事法」のおもしろさを知ってもらいたい〜

と思っています。

そのために、新たな農産物加工品を輸入すべく生産者さんと話し合っています。

皆さまのお蔭様で、コルノ・ボヴィーノのプロジェクトはスローながら前進しています。

ところで、

ラクをするにも技術がいるって、ご存知でしたか?

栄養コーチングでも、もっと「ラク」を取り入れていきたいなと思っています。

お付き合いのほど、何卒よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次