第9回 木版画展 版鹿の会

奈良で活動する木版画の自主制作グループ、版鹿(はんが)の会が2年に一度開催している木版画の作品展です。

郡山城跡のすぐそばにあるDMG MORIやまと郡山城ホールで、5月8日(水)から13日(月)まで開場しております。
ぜひご高覧いただけますと幸いに存じます。

会期:2019年5月8(水)〜5月13日(月) 10:00〜17:00 ※最終日は16:00まで
場所:DMG MORIやまと郡山城ホール 文化会館 展示室(1階)
   奈良県大和郡山市北郡山町211-3 (近鉄郡山駅より徒歩7分)
   TEL:0743-54-8000 (駐車場2時間まで無料)

今回「版鹿の会展」は9回目、清田雄司先生が亡くなられた後も版鹿の会は自主制作グループとして木版画制作を続けています。私自身は3回目の参加となります。今回は多色刷りの小品を5点出品しています。仕事のスケジュールが詰まっていてなかなか制作時間がとれずにいたのですが、作品展前に連休がありましたので一週間以上を版画三昧で過ごすことができました。こんな贅沢な時間が一生にあと何回くらいあるのかなぁ?と時折思いながら摺っていました。

まだまだ拙いですが今回は自分なりに方向性が見えてきた感じがします。時間と自分の体調、体力という限られた資源(笑)を睨みながら版木と対峙しています。イメージするものに少しでも近付く為に苦心・苦悩するのですが、最後には結局今手元にある時間や体力とスキルでできることをするしかないんだと諦める瞬間が来ます。すると作品展って長い目で制作/成長プロセスを見ていただく場でもあると思えてくるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でコルノ・ボヴィーノを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください